視察ツアー

"オーダーメードで内容が濃く、効率的な視察ツアーをご提供します"

特に日本人の皆様から注目を集める以下の分野の視察ツアーを承っております。企業や学校などの団体用の視察旅行で、現場視察と訪問先での担当者によるお話、その際の通訳、また車やレストランの手配など、 限られた滞在時間の中で、より効率的で充実した視察となるためのお手伝いを致します。

シェアリングエコノミーツアー

「シェアリング・エコノミー」とは、典型的には個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の貸出しを仲介するサービスで、自身で物を所有するのではなく、自分が必要なものを必要な時だけ借りる、というサービスで、今、このコンセプトが世界各地で広がりを見せています。

特にアムステルダムでは、元々自由な発想で、起業家精神に溢れ、異なる文化や人に対して寛容な気質を持っているなど、このコンセプトを受け入れやすい土壌が揃っており、民間団体が行政に働き掛け、「アムステルダム・シャアリングシティー」宣言が行われた、世界最先端の都市です。

これらの団体などを訪ね、このコンセプトの広がりの鍵を探ります。

オランダの福祉ツアー

JCEが数年来特化して行っている、オランダ式アルツハイマーカフェの日本への紹介サポート事業。アルツハイマーカフェの理念は、心理学者ベレ・ミーセン氏により考案され体系づけられ、アルツハイマー協会によって全国の至る所でボランティアによって定期的に運営されています。平日の夜開催、認知症患者だけでなく、家族やケアの専門家など、幅広い方が訪れる開かれた会の運営は、他国では類を見ないもの。オランダ社会や福祉などの社会背景を理解して初めて、このオランダ式アルツハイマーカフェの成り立ちや運営の成功がわかります。

JCEでは、アルツハイマーカフェや協会、その他認知症施設などへの見学をお手配が可能です。アテンドにてオランダ社会からカフェの構造などまで、詳細にご紹介いたします。深く正しく理解していただき、日本の高齢化社会へ対応するインスピレーションとなるような良い機会のお手伝いをしています。

オランダ農業視察ツアー

九州と同程度の面積にも関わらず、世界第2位の農業輸出国であるオランダ。世界最先端の「スマートアグリ」は日本でもテレビやネットなどで取上げられ、日本の政治家や地方自治体の視察が後を絶ちません。東京ドーム何十倍もの敷地、光量やCO2濃度など500以上の項目で制御された人工繊維の畑。さらに、コンサルタントが研究機関の先端技術と農家を結び、常に最適な農業が追求されています。

日本でも各地で“日本型スマートアグリ”構築の模索が始まっています。最先端のスマートアグリの実態を探り、日本農業のこれからについて考える機会をお手配致します。

アーティスト・イン・レジデンス視察ツアー

アーティスト・イン・レジデンス(Artist in Residence、以下AIR)は、国内外からアーティストを一定期間招聘して、滞在中の活動を支援する事業。日本では地方自治体が取り組むケースが増加、地域振興や活性化といった要素を加えられることで、最近とても注目されています。AIRは元々ヨーロッパで始まった動き。オランダでは、アートが社会にとても身近で、多様な世代がAIRに参加しており、AIRは社会に定着しています。また、世界中に事務局を持ち、各国のAIRを束ねてAIR事業を強化する「Res Artis」という機関もオランダにあり、AIR事業の多角的な視察が可能です。ツアー中には在蘭日本人アーティストから各地のAIR滞在で感じた体験談などを披露して頂き、AIRに関するディスカッションの機会も設け、芸術支援と地域振興のバランスを探るため、オランダでのAIRの現場を探る、充実した内容のツアーです。  

子供の幸福度世界一の謎に迫る!オランダの子供の教育ツアー

ユニセフの2013年の調査で、オランダの子供の幸福度が、先進国29カ国の中で一番と評価が出ました。オランダは、 子供を持つ親に大変優しい国。各博物館では子供用の展示や施設があり、子供を持つファミリーが行きやすいレストランも数多くあります。子供の頃から自然や動物に親しめる子供牧場や、子供が社会体験として料理や給仕をするレストランなど、遊園地などの商業的施設だけではない、教育と遊びが一体となったユニークな場所が多く存在します。

ツアーでは子供用の充実した博物館、子供図書コーナーが大変魅力的なアムステルダム市立図書館、ミッフィーで有名なディック・ブルーナ・ミュージアム、またアーティストが子供用パフォーマンスを学校で上演するプログラムを運営するMemoより、創設者によるお話と子供用パフォーマンスの特別上演をご覧頂けます。オランダの子供のための現場を巡る特別なツアーです。

フューチャーセンターツアー

オランダには「世界は神が作ったが、オランダはオランダ人が作った」という言葉があるように、国土の多くが海抜以下に位置し、古来より治水事業が国土繁栄の鍵であったこの国は、「イノベーション」をキーワードに、多くの知識人の知恵と技術を取り入れ国を発展させてきた経緯があります。

「フューチャーセンター」とは、企業・政府・自治体などの組織が中長期的な課題の解決の為、様々な関係者を幅広く集め、対話を通じて新たな発想を得たり、問題解決手段を見つける事を目的とした施設です。オランダにはオランダ国税関税執行局・ABNアムロ銀行・道路水管理庁の3か所にフューチャーセンターが設けられています。これらを訪ね、どのような効果を上げているのかを探るツアーです。

ソーシャルデザイン視察ツアー

市民社会を達成する国、オランダ。より良い社会サービスと持続可能な暮らし作りのために行政だけでなく市民も積極的に街づくりに参加しています。オランダでは、企業や団体がテクノロジーを活用し、横のネットワークを作りながら、新しい社会の牽引やビジネスモデルを生み出していく、そのようなユニークで先進的な動きがいくつも存在します。横のつながりを生むことで、アイデアの創造を強化していこうという「Co-working」という考え方。歴史的建造物を現代アートの舞台にしたり、貨物用コンテナをシェアオフィススペースにし活用、また国営機関が職員のイノベーション能力促進のためにテクノロジーを駆使した会議用スペースを作ったり。実験的でなんだか楽しそうな、オランダらしい試みの現場を、是非現地にてお確かめください!

オーガニック食品&市場視察ツアー

オランダは有機食品店が大変多く、大手スーパーでも有機食品コーナーもあり、市民の選択として有機食品が定着し、価格も安く、商品もアレルギーの人用やベジタリアン用のものなど、多様なニーズに対応しています。アムステルダムでは数あるオーガニックショップや週末の野外マーケットを見学。アムステルダムの有機食事情をご覧頂きます。次の日はオーガニックファームを訪問し、園内を見学、周辺地域で出来た作物のランチをお楽しみ頂きます。この日はロッテルダム郊外のオーガニックホテルでご夕食&ご宿泊。ロッテルダムの大規模オーガニックショップへの見学も含めた、オランダのオーガニック食品の今を体感できる貴重な機会、もちろんツアーに含まれる全ての食事はオーガニック、健康的な旅をご提案します!

Amsterdam Smart City 特別見学ツアー

Amsterdam Smart Cityは、行政と企業や研究所、市民の3者の間に立って、持続可能なスマートなアムステルダムの実現のために多く(2014年7月現在55)のプロジェクトを実施、住空間、労働環境、交通などの流動性、公共設備、オープンデータ、の5つに重点を置き、テクノロジーを活用して革新的なアイデアを次々提案。社会の問題に取り組みながらも、提示するアイデアが斬新で面白い。見ているとワクワクする Amsterdam Smart Cityのプロジェクト。世界を牽引するようなアムステルダムという街を目指そうという気概を感じる彼らの活動を特別手配でお話を伺いながら見学できるツアー。

視察ツアーのお申込みについては上記ツアー例を参考に、視察したい内容をお問い合わせページからご連絡下さい。