着物ファブリック・デザイン・コンテスト

着物ファブリック・デザイン・コンテスト

着物ファブリック・デザイン・コンテストは、京都で古くから着物の一大産地として有名な、西陣の京都染匠組合により、これまで毎年開催されてきました。

前回はフランスで開催され、フランスの学生やプロのデザイナーなどに着物の生地のデザインを広く公募し、集まったデザインの中から優秀な数点が選ばれました。更にその中から厳選のいくつかのデザインを選んで、京都の着物職人たちが本物の着物のパターンに模様として落とし込み、応募者のデザインした着物が完成するという、ユニークなコンテストです。去年のコンテスト入賞作品、出来上がった着物は、パリにて展示されました。

Kimono_3
Kimono_5

今年はフランスとドイツ、そしてオランダもコンテストへの参加が可能となりました!JCEではこのコンテストの参加者の募集のご案内と、11月16~19日の期間に選ばれたデザインが施された着物の展示会を開催致します。

あなたのデザインが本物の着物になるかもしれないチャンスです!

募集期間:2016年5月20日~6月20日
応募対象:オランダ人、またはオランダ在住のアート、デザイン、ファッションの学生、プロのデザイナーやアーティストの方も大歓迎
応募内容:募集用ホームページをご覧ください。A4サイズにデザインを作成し、Eメールにて必要事項と共に送ります。
結果発表:2016年8月末の予定
選考の着物デザインのアムステルダムでの展示会:2016年11月16日~19日

公募の詳細はこちらのサイトをご覧ください

※応募総数の約10~15%程度が入賞として選定されます。その入賞作品のなかで、友禅の着物・帯等になるのは、10点であれば3点程、15点であれば5・6点程度になると思われます。入賞デザインによって、制作点数は変動しますので、予めご了承ください。