クラフト・キャンプ・河和田 2015

今年の夏を河和田で、職人さんから伝統工芸を学ぶ! オランダ人クリエイター参加者募集中!クラフト・キャンプ・河和田 2015

CCkawada_banner

日蘭文化交流企画「クラフト・キャンプ・河和田」は、福井県鯖江市河和田地区で10年間継続をしているアートを切り口にした地域再生プロジェクトです。 日本の地方地域での少子高齢化や人口減少によって、地域に点在する多様な文化や伝統の後継者の減少などの社会問題を背景に、「芸術が社会に貢献できることとは何か」というテーマを掲げて、大学生を中心とした次世代を担う若者と地域住民との、協働プロジェクトが行われています。

日本の原風景である「里山=SATOYAMA」を背景にもつ「田舎」が活動のフィールドです。自然との共存を基にした日本の生活スタイルは、文化や伝統工芸にも深く影響しています。こうした環境の中で、地元の住民との協働活動を行いながら、地域文化や伝統工芸に触れる活動を行ないます。

今回、河和田アートキャンプの中の1つのプログラムが、海外の方々にも参加してもらえる形で開かれます。プログラムは、漆器(漆)の国内シェア8割。眼鏡フレームは、世界シェア2割/国内シェア9割の産地である河和田の伝統工芸(クラフト)を中心に、様々な職種に携わる職人との協働や、それらを育んできた河和田地域の有形無形文化に焦点を当てた、その伝統や知識に触れて頂く機会を設けます。

日本には、まだまだ海外に知られていない、素晴らしい伝統技術や文化が沢山あります。このプログラムでは、そうした未発信の日本「Deep Japan」を体験を通して、広く海外の方々に知ってもらう良い機会であると考えています。

プロジェクト期間:2015年8月1日~9月20日

活動フィールド:河和田アートキャンプ(福井県鯖江市河和田町)

クラフトコース(伝統工芸):会期中の一定期間、河和田エリアの職人に密着(弟子入り)し、伝統工芸の技法やお話を聞きながらプロジェクトを進めます。プログラムミッションとしては、職人から技法等のみを学ぶだけではなく、参加者が持つ外部の観点(思想や価値観など)を、現地で職人と対話し、地域と参加者の双方に、新たな視点を生み出すことを目指します。参加して頂くプログラムには以下の3つのクラフトタイプが用意されています。

【クラフト職種タイプ】
A:漆職人(塗りor 沈金or 蒔絵)木工で何か作る、持ち込んだモノに漆を塗る、予め用意される器に、沈金か蒔絵を施す、等が可能

Urushi

B:木工職人( 箱ものor 丸もの)木工で作った作品に漆を塗る、持ち込んだ作品に漆を塗り、沈金か蒔絵を施す、等が可能

Mokkou

C:眼鏡職人(メガネフレーム)木工で作った作品に漆を塗り沈金か蒔絵を施す、等が可能

Megane2

※プログラムは、希望に応じて、ⅰ~ⅲを選択して頂きます。 注意:組み合わせも可能ですが、プロジェクトフィーが加算されます。詳しくは事務局まで問合せを下さい。

集合:現地集合、現地解散

IMG_0176

滞在場所:
①古民家での共同生活コース
宿泊費:なし
食費:1日300円(共同生活による自炊)
古民家での共同生活のため、個室対応なし、プライベート時間なし。食事担当、掃除担当、洗濯担当等、日常生活を50人態勢で行うため、制作時間をディスターブされます。目安は1週間のうち3日間は食事洗濯掃除に充てられます。(※睡眠時間を殆ど取れない状況が予想されます。)

②民間の宿泊施設利用コース
1泊:3000円~5000円(食事なし)
食費:1日300円(但し、古民家での共同生活による自炊)

参加費:
・エントリーフィー:450ユーロ+税金(事務運営費として)
これはオランダでのお支払いとなります。

・クラフトコース(伝統工芸)の受講では、各職人への謝礼と必要材料費が必要です。 これは現地でのお支払いとなります。

A:漆(塗り+沈金or蒔絵)-講師謝礼(20,000円)+個々に必要な材料費(自己負担)
B:木工‐講師謝礼(20,000円)+個々に必要な材料費(自己負担)
C:眼鏡‐講師謝礼(20,000円)+個々に必要な材料費(自己負担)

※プログラムは、希望に応じて、A+BやA+Cも受けて頂くことが可能です。
※作品制作以外の参加者はAのみです。

募集:5名

募集期間・締切:2015年6月10日(募集人数が集まり次第締め切ります)

応募方法:以下に記載の必要事項を明記の上、お申込みください。追ってご連絡をさせて頂きます。

氏名、性別、住所、電話(携帯)メール、年齢、所属(学科)、関心のあること(職種タイプの選択と、動機のコメント500~1000 文字)、その他(食物アレルギー、健康状態など)

お申し込み、お問い合わせ:
お申し込み&お問い合わせページより上記必要事項を記載の上、ご送信ください。

主催:
応用芸術研究所
NPO法人こどもアート
Japan Cultutal Exchange